FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
レニさん、お空へ。
2007 / 09 / 09 ( Sun )


昨日、レニは空に帰りました。今頃は楽しく遊んでると思います。

霊園は病院から紹介してもらったところにしました。知り合いのフェレもお世話になっているところですし、遺骨は持って帰るつもりだったので、フェレに慣れてるところがいいかなあと思ったので。
前日は夜にどうしても抜けられない用事があったので外出し、この間に相方にお別れを済ませてもらい、帰宅後にレニに手紙を書いていろいろ話しかけた後、北斗も一緒に家族みんなで寝ました。

当日は花屋さんが開くのを待って花を買い、レニのお別れの準備。いろいろ持たせてあげたかったのですが、レニが好きなものはゴムやウレタン系が多く、炉や遺体が汚れてしまうだろうと思って、レニの7歳の誕生日にあげたベッドパッドをレニが寝れる分だけ切り取り、その上に寝かせて花を飾り、寂しくないように北斗の好きなぬいぐるみと写真、ご飯と前日書いた手紙を入れました。

迎えが来て、本来は遺体を箱に納めなくてはいけなかったのでしょうがすべて用意してレニを布で包んでいたのもあり、霊園の方が「抱っこしていきますか?」と言ってくれたので、そのまま抱っこして車へ。
最後のお別れをし、2人でレニに数珠をかけてあげて、後は霊園の方にお願いしました。

お骨上げの時、年が年だけに骨は多少もろくなってはいましたが、黒くなっているところは殆どありませんでした。
霊園の方が1つの骨を見せて、「これ、喉仏です。フェレットさんでこれが綺麗に残るの珍しいんですよ。7歳だし、この仔頑張りましたねー」と言ってくれて、なんだか切なくなりました。

今家にあるのは小さな骨壷だけです。病院から花ももらって、レニの大好きだったゾウのおもちゃと一緒に飾ってあります。
なんとなく気配は感じるので、まだきっと近くにいるんだと思います。

レニが家に来たのは2月の風が強い寒い日で、ぶるぶる震えるレニを連れて空港から帰ってきたのを覚えています。
里子だったので、新しい家に馴染むのは時間がかかるとかいろいろ聞いて心配していたのですが、次の日にはすっかり慣れて放牧してみると興味津々でいろんなところを探検していました(この頃はまだケージ飼いでした)。やんちゃで頭がよかったので、すぐにいろんなことを覚え、こちらが考える以上の行動をいつもしてくれましたが、反面面倒見のいい優しい仔で、具合が悪くて寝ているとそっと枕元に見舞いに来てくれたり、仕事をしていれば終わるまで足元でじっと待っててくれたりしました。
毎朝人を起こしに来てはおやつをもらい、一緒に布団に入れてもらって腕枕してもらうのが大好きで、冬はごく普通に人の足元で寝てたりと、人間大好きでした。
北斗が来た日もケージを自ら覗き込み、積極的に面倒を見てくれたりと、いいお兄ちゃんぶりを発揮してくれて、その出来すぎぶりに実は中に誰か入ってるんじゃないかとかよく言われてたのもいい思い出です。

我が家に来てからのその変わりぶりと賢さと甘え上手ぶりで幸運のフェレと呼ばれてたレニたんですが、実は一番の幸運の持ち主はあの日レニを見つけた私ではないかとずっと思っています。

空から来て空に帰ったレニたん、生まれ変わったらまたうちに来てよね。北斗も気落ちしたのか、また具合悪くて無期限入院しちゃったけど、レニのこと待ってるよ。

うちに来てくれて楽しい思い出をいっぱい残してくれてありがとう。
さよなら僕のかわいいシロツメクサよ。
スポンサーサイト
23 : 38 : 48 | 白い彗星 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<ほくたんがんばる。 | ホーム | レニさん、お星様になりました>>
コメント
----

ご無沙汰しておりました。
レニたん…空から来て空に帰ったレニたん…
早々とおうちに馴染んだのは、そこが本当のおうちだったからなのでしょう。
レニたん、おつかれさま。
幸せだったね!
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
by: 夜生 * 2007/09/10 09:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

>夜生さま
今頃は蒼ちゃんとも会えたころでしょうか。
レニが少しでもいい思い出を持ってってくれたらいいな。
夜生さんもいろいろ大変だと思いますが、お母さんあってのフェレたちですからお体にはお気をつけて下さいね。
by: ヒダカ * 2007/09/10 18:42 * URL [ 編集] | page top↑
--悲しいです--

どうしてるのだろう?元気にやってるのかな?とふと覗いてみたら・・・
なんだかショックで言葉が見つかりません。
うまく言えませんが、レニちゃんのがんばりはヒダカさんへの愛そのものだったとも思います。
7歳と4ヶ月弱!本当に精一杯幸せに生きてきたのだと思います。
お空で闘病中できなかったことをいっぱいしてることでしょう~
北斗ちゃんのことヒダカさんのこと、ちゃんと見守ってくれてますよ~

心よりご冥福をお祈りいたします。
by: ごんママ * 2007/09/10 22:32 * URL [ 編集] | page top↑
--行ってらっしゃい。--

真っ白くてかわいーかわいーレニたん。

行ってらっしゃい~。

真っ青なお空の中でひときわ真っ白い雲の
ように光り輝いているんだろーな。

夜は夜でひときわ真っ白な輝きで。

いつまでもかわいーレニたんで
お空でも過ごしてくださいね。

うー(涙
by: ぎん * 2007/09/15 12:28 * URL [ 編集] | page top↑
----

>ごんママさま
ようやくの更新内容がこんな内容ですみません。今までホントに大きな発作もなく来たので、私も予想外でした。

うんうん、レニはマイペース脱力系で頑張りましたよ。
今はきっと鼬天で楽しく遊んでいることでしょう。
また空から降りてきてくれることを祈ってます。

>ぎんさま
お忙しいところわざわざコメ頂きましてありがとうございますー。こぎんちゃんにも会いたかったのですが残念です。
何か急な用事があって、神様が呼び戻しちゃったのかなー。
でもまあ大往生だったと思うので、悲しいけど後悔はないです。

また機会がありましたら遊んでやってくださいませー。
ぎんさんもお体には気をつけて下さいね!
by: ヒダカ * 2007/09/15 18:42 * URL [ 編集] | page top↑
--残念です。--

きちんと記事を読んでから、と思い、お悔やみが遅くなってしまいました。
レニちゃんのご冥福を心からお祈りしております。

でも、ほんとに、立派に生きたと思います。
トラの体調の浮き沈みがあるたびに、レニほくふたりのコトを思い出して頑張ろうと思っていました。

長生きしないと言われているフェレだけど…
うん。やればできる!んだね!

たくさんたくさん一緒にいたんだから、きっと帰ってきてくれると思います。
どんな形であっても、また、会える。

どうかそれまで、いつでも心にレニちゃんのベッドを用意しておいてあげてくださいね。

ヒダカさんもお体にお気をつけて。
by: ろっこ * 2007/09/24 13:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ita.blog10.fc2.com/tb.php/158-2b75fa7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。