FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
レニさん、お星様になりました
2007 / 09 / 07 ( Fri )
長らくブログ更新してなくてすみません。
本日14時前に、レニたんがお星様になりました。

なんだかただ寝てるだけのようで、まだ不思議な感じです。
写真

(不快な思いをされる方がいらっしゃらないように、写真はリンクにさせて頂きました)

5日の水曜日の夜にまた吐き気の症状が出始めて、いつもはすぐにミルクをあげたりステロイドを投与したりすれば症状はおさまるのですが、その日はなかなかおさまらず、大丈夫かなと思って横に寝かせるとまた気持ち悪い・・・みたいな感じで、ずっと抱っこして2-3時間後にようやく落ち着きました。その日は一応大事を取ってベッドで一緒に。

朝4時くらいに目を覚まし、ちゃんとご飯も食べましたが6時半くらいからまたなんか気持ち悪い・・・という状態に。
前日の症状が長かったこともあり、朝相方に病院に連れてってもらい、吐き気止めの処置をしてもらうようにお願いし、自分は夕方早退して迎えに行こうかと思っていましたが、なんとなく入院させた方がいいような気がして途中でそう相方に伝えました。
相方からは病院の処置で元気になって、連れて帰っても全然平気みたいだけど一応預けた、という連絡をもらっており、夕方に薬を届けに行こうと思っていたのですが台風で行けず、病院に新しい薬を作ってもらうようにお願いを。

今日早退してレニを迎えに行くつもりで早退の手配も整えていたのですが、12時半ごろ病院から連絡があり、ちょっと元気がない感じでだるそうなこと、血糖値は悪くないけど昨日の検査の時より腎臓値が急激に上がっていることなどを聞き、輸液のお願いをして夕方病院に行くつもりであることを伝えました。
「じゃあ夕方レニちゃんと待ってますねー」とごく普通に電話は終わったのですが、14時前に再び病院から「輸液も行ったんですが急に呼吸が止まりました」という連絡が。
午後からMTGがいくつか入っていたのですが急遽他の人に出てもらうことにし、相方に連絡をして会社を早退し急いで病院に向かいました。

獣医さんの説明では、昨日までは元気で結構動いたり、ミルクやご飯も完食していたのが今日の朝くらいから少しだるそうになり、また吐き気が出だしたようで、ミルクも給餌すれば飲むけど多い量を飲ませると気持ち悪い・・・という感じになった模様。
輸液を行い、水分を多く取らせて腎臓値が下がるのを待っていたそうですが、本当に急にふっ・・・と呼吸が止まったようです。

原因としては呼吸器の急な麻痺ではないか、とのことで、先日診断された巨大食道症の併発する症状の一つであること、またわずかに不整脈もあったので、複合的な要因が重なったのでは・・・という説明を受けました。

前日に自分でも積極的に食事ができるほど元気になったのに、すぐ次の日にこのような状況になるとは病院側も思っていなかったようですし、こちらも夕方には普通に会えると思っていたので立ち会えなかったことは残念ですが、本当に苦しまないで眠るように急に逝ったこと、昨日迎えに行ったとしても今日は普通にレニを家に残して会社に行っていたと思うので、誰にも看取られることなく一人で旅立たせるよりは良かったと思います。
病気に対してはやれるだけのことはやったし、レニもホントに頑張ったと思うので後悔はありません。

7歳4ヶ月弱のフェレ生でした。前の里親さんから引き取った時にフェレットの病気の多さ、寿命は調べていたので、正直4歳くらいでお別れがくるんじゃないかと思っていましたが、いろんな病気も抱えたもののいつも頑張ってくれて、なんとなくずっとこのままいてくれるような気がしていました。
シルバーミットからすっかり白フェレになって、院長にも「幸運のフェレですねー」と言われるような、いっぱいいっぱい幸せを運んできてくれた仔でした。
うちにレニが来てからもう6年7ヶ月、楽しい思い出ばかりです。

写真2

レニを連れて帰ってきたら北斗もわかったようで、布団をかけてあげたらずっと寄り添って一緒に寝てました。北斗も北斗なりに、お兄ちゃんにさよならをしたようです。ずっと仲良く一緒だったもんね。

レニは星の名前から取ったので、明日お空に帰してきます。
今日は思い出話です。
スポンサーサイト
23 : 49 : 49 | 白い彗星 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<レニさん、お空へ。 | ホーム | 元気ですよー>>
コメント
--レニちゃん--

レニちゃん、よく頑張ったね。
本当に眠っているような安心したようなお顔。
少し前まで、元気とのことだったのでタイトルを見て驚きました。
レニちゃんとうちの長女が同じ誕生日だと知ってから毎年レニちゃんのことを思い出していました。
面識はなかったけど、良かったら少し先に行っているメルと一緒に遊んであげてね。

ヒダカさんもお体大事になさってください。
レニちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

by: みゃーみゃー * 2007/09/08 09:52 * URL [ 編集] | page top↑
--ご冥福をお祈りします。--

レニさま、うちのむぅと一緒に遊んでやってねー。

ヒダカさん、お疲れ様でした。
by: coco * 2007/09/09 15:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

元気そうな様子みたいだったので驚いています。レニくん、穏やかな顔しているので眠ってるみたいです。うちのキキとよく似ているような気がして、とても親近感が湧いたのを覚えてます。ヒダカさん、おつかれさまでした。
by: fang_77 * 2007/09/09 22:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

>みゃーみゃーさま
こんばんは。コメントありがとうございます。
今頃はメルちゃんに会ってるころですかね。

レニは重い発作もなく、巨大食道症の方も知識で得たような状態は殆どなくて、吐き気が起こる回数も少なかったのですが、本当に急に病院の方もビックリするくらい旅立ってしまいました。
やっぱり年を取ると、1日1日が重いんだな・・・と思います。

>cocoさま
ここ数ヶ月で後ろ足も立たなくなってしまっていたのですが、今頃は元気に走り回ってるでしょう。
むぅくんと楽しく遊んでますように!
あ、レニはバトル弱いのでお手柔らかにお願いします、むぅちょ。

>fang_77さま
さすがに老フェレになってきて、北斗と共に介護生活突入を覚悟していたものの、あっさり旅立ってしまってちょっとびっくりしています。
レニなりの美学があったのかも知れませんねー。
そうそう、写真を整理していたら、あまりにキキ姉さんにそっくりな写真が出てきました。
近々UPしたいと思いますー。
by: ヒダカ * 2007/09/09 23:58 * URL [ 編集] | page top↑
--はじめまして--

ブログの方読ませていただきました。
辛い闘病生活お疲れ様でした。
レニくんもきっとヒダカさんの精一杯の愛情を受けて幸せだったと思います。
心からご冥福をお祈りいたします。

実は我が家のフェレも昨日巨大食道症と診断され、現在入院中です。
2、3日後には退院してこれから闘病生活が始まりますが
こちらの日記で呼吸器の麻痺を併発することもあると知り、不安でいっぱいです…
けれど、できるだけのことはしていきたいと思っています。

同じ時期に同じ病気をかかえていたレニ君を知り、他人事とは思えず書き込みさせていただきました。
by: 栄華 * 2007/09/10 05:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

>栄華さま
書き込みありがとうございます。
こちらの書き方で不安にさせてしまいましたようで申し訳ありません。

こちらも完全に理解しているわけではないのでうまく説明できるかどうかわかりませんが、後天性の巨大食道症は、一説では神経障害などの筋障害が原因となって発症すると言われています。
つまりもともと何らかの筋障害等があって、巨大食道症も併発されると考えられるため、たまたまレニは呼吸器に来てしまい、それがダメージになってしまった、と考えられますが、巨大食道症=呼吸器の麻痺が併発しやすいということではないと思います。

ただこの説は犬・猫の場合なので、フェレもこれに当てはまるかどうかはわかりません。

レニは自己免疫性による疾患を疑われていたので、そのあたりの抗体が巨大食道症の原因ではないかと思いますが、同時に老齢と言うこともあり、副腎腫瘍や不整脈、低血糖等いろんな病気を抱えていましたのでいろんなものが複合的に出てしまい、今回のような状態になったのではないかというのが病院側の見解です。

栄華さんのフェレちゃんが何歳でどんな状況なのかわかりませんが、もし他の重大な疾患がなければ併発の可能性は低いと思います。レニはこの辺が悪さをしてるんだろうけど、これを切ると他の数値が・・・という状態であまりクリティカルな治療はできない部分があったので。

知識は既にお持ちだと思いますが、うまく食道巨大症とやっていければ長生きできる仔もいます。もし何かありましたらご相談ください。今はフェレちゃんと一緒に力を合わせて頑張って下さいね。
by: ヒダカ * 2007/09/10 19:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

いえいえ、私もまだまだこの病気に関してしっかり把握しているわけではないので(^^;
少しでも気になる情報は書とめておいて獣医さんに聞くようにしています。

昨日体力がだいぶ回復したのでお迎えに行ってきまして、その時に獣医さんに呼吸器の麻痺に関することも聞いてきました。

やはり、神経障害が原因であると、そういうことも起こりえるようです。
ウチの子の場合は、何が原因で巨大食道症になったのか突き止められていないので、薬を使いながら様子を見ていくことになりそうです。

まだ3歳弱で、食道以外は他の病気の心配は無く、まだまだ元気な子です。
ゴハンが大好きな子なので食べられないのは凄く辛いですが、飼い主共々頑張っていきたいと思っています。
by: 栄華 * 2007/09/11 10:00 * URL [ 編集] | page top↑
--虹の橋へ--

今朝方、小太郎は虹の橋へと旅立ちました。
享年3才7ヶ月でした。
きっと今頃レニ君と一緒に遊んでいるかもしれません。

もう一匹の子とも最後のお別れをして火葬してきました。
なんか、まだ家にいるような気がします。
今度生まれて来る時も、ウチに来てくれたらいいな と思います。
by: 栄華 * 2007/09/15 18:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

>栄華さま
同じ病気で亡くしているのでかける言葉が見つかりませんが・・・、小太郎君のご冥福をお祈りします。

小太郎君、もう苦しくないね。今はもう大好きなご飯おなかいっぱい食べてる頃かな。
満腹になったらお母さん見守ってあげてね。

栄華さん、お疲れ様でした。今はゆっくりお体と心を休めてくださいね。
by: ヒダカ * 2007/09/15 18:52 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとうございます--

小太郎は残念ながら亡くなってしまいましたが、
他の苦しんでいる子たちのためにも 一日も早くこの病気の治療法が確立されることを願っています。
by: 栄華 * 2007/09/17 21:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ita.blog10.fc2.com/tb.php/157-05ef5274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。