スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
四十九日がすぎました
2008 / 04 / 02 ( Wed )


北斗が旅立ってから、今日で四十九日。
長いような短いような、なんとも言えない気分です。
この写真は最後のクリスマス。

レニは直前まで元気で急に旅立ったのもあり、自分の中では後悔みたいなものはあまりないのですが、北斗は闘病生活が長かったこともあり、もう少し上手に管理できていたらあの日発作を起こすこともなくもう少し長生きできたかな、とか、時間通りに帰れてたら一人で旅立たせることもなかったのに、などといろいろ思うところもあり、まだまだ完全には立ち直れていない気がします。

でも北斗が頑張っていたのは事実だから、今は苦しいのから解放されてよかった、と思う方がいいのでしょう。

そんなわけで我が家からはイタチの音がしなくなり。北斗の思い出を話せるようになるまではしばらくは家族が増えることもないと思っていたのですが。


新しい家族が増えました(はや)。

フェレットを迎える時はレニほくのように飼い主さんを探している里子にしようと思っていたのですが、なんとなく行ったショップで目が合ってしまい、それまではほかのショップでフェレを見ても連れて帰ろうという気にはならなかったのですが、どうにも気になり、その日にお迎えしてしまいました。
顔がレニに似てる気がします。

名前は「すばる」。
相変わらず星の名前であります。

すばるは謎のカラーなんですよね・・・。ショップでも名前ついてなかったし。
パンダのようなブレイズのような、なんとも言えないカラーです。
手袋ではないのでミットではないんですよね。

性格はハンパなくやんちゃです。ぴょんぴょん飛びます。
あと噛みます。
まあそれもお迎えした理由の一つであります・・・。

これからはすばるについてぽちぽちと、ブログを更新していこうかと。

いやいやでも、我が家の1等星たちはきちんとお空で輝いているのです。
スポンサーサイト
22 : 25 : 15 | 茶色いタヌキ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
北斗、旅立つ。
2008 / 02 / 14 ( Thu )
最後の写真
今日、18時ごろ北斗が虹の橋に旅立ちました。

月曜日に病院に行ったばかりで、床ずれのようになっていた足もかなりよくなり、腎臓などの数値も「いい感じですねー」と言われたのもつかの間、昨日あたりから大好きなミルクを飲む量が急に減り、土曜日にでも様子見にまた病院に行こうと思っていた矢先でした。
朝、いつもよりずいぶん静かなのに気づき、枕元の酸素室の中の北斗を見てみると低血糖の発作が。
すぐにブドウ糖、ステロイド、ミルクを飲ませ、様子を見ましたが、いつもだったらすぐにおさまる発作が今日は全然おさまりませんでした。

なんとなく、昨日からお別れなのではないかという予感があって、出来るなら自分の腕の中で息を引き取ってくれないかとずっと北斗を抱いていましたが、体調不良で私が2日ほど会社を休んでしまっていたので、今日はどうしても休むわけに行かず、相方に病院に連れていってもらえるようにお願いしました。

病院に連れていってくれた相方から「呼吸が止まったみたいだけど、院長がなんとかしてくれたみたいです」と連絡を受けたのが11時過ぎ。
それ以降、病院から連絡がなかったので、あの予感は思い過ごしなのかも、と楽観的になって、定時まで仕事をしようかと思ったところに、訃報が届きました。

院長からいろいろ説明されましたが、うん、北斗は頑張ったと思います。
朝、北斗の様子を見て正直「もう頑張らなくていいよ」と思っていました。いつも何かある度に北斗は頑張りすぎるくらい頑張ってくれました。
最近はめっきり体も動かなくなって、寝てる姿しか思い出せませんが、ちゃんと、自分たちがいる間は顔をちゃんと上げて意識を失わなかったから。病院が休みの昨日には、何も見せなかったから。ちゃんと、朝病院に連れて行ってあげられる時まで我慢してくれたから。

明日は北斗とのお別れに時間が取れなそうだったので、北斗を空に送ってあげるのは土曜日にしました。
今はいつもの酸素室の音も消え、フェレットのいない我が家はすごく静かです。

レニ、北斗と、二鼬とも星の名前でした。何かあっても、空を見たらすぐにその姿を探せるように。
これからもきっと、すぐに会えると思います。

今はただ、「お疲れ様」しかありません。
そして、我が家に来てくれてありがとう。幸せだったといいな。
大好きなレニ兄ちゃんと元気に遊んでますように。
21 : 28 : 37 | 茶色いタヌキ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
北斗7歳!
2007 / 12 / 31 ( Mon )
071231.jpg
ホ:ぷふー・・・。
お久しぶりです!ナイス放置!

そんなわけで本日、北斗は無事7歳になりました。
お風呂も入って綺麗になりましたよん。

レニが旅立って、レニと一緒の生活しか知らない北斗は割とガックリいっちゃうんじゃないかと思っていて、実際レニが旅立った直後は獣医さんにも「余命が週単位かも・・・」と言われてましたが、ここまで頑張ってきましたよ。
最近はもうすっかりおじいちゃんになって、後ろ足ももう立たないのでホントに介護生活ーという感じですが、このままのんびり余生を過ごしてほしいものです。

さすがになんとなく寂しそうなので、なんとかしてあげたいとは思いますが今から新しい仔お迎えするには体力差あり過ぎなので・・・。
まあ代わりに一緒に寝ていると普通に腕枕を要求されます。後ろを向いていても背中ガリガリされて、「こっち向け!」とアピールされる。
元気だなおじいちゃん。

まあ血糖値もかなり落ちるとこまで落ちていて、小さい発作もちょこちょこあるにはあるんですが、北斗はどんなに発作出ても絶対意識失わずにちゃんと顔をあげる仔なので、まだまだ本鼬やる気なんだと思います。
とりあえず7歳を目標にしてたので、まだまだ頑張るかー。

また来年も北斗とのんびり過ごせますように・・・。

皆様もよいお年を!!
15 : 40 : 53 | 茶色いタヌキ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ほくたんがんばる。
2007 / 10 / 08 ( Mon )
昨日はレニの月命日でした。
あいにく私は外出していたので何もできませんでしたが、事前にレニの好きだったお菓子を買って、相方に供えてもらいました。
レニのいない生活に慣れたというよりはなんだかまだ状況がよくわかっていないような気がします・・・。

にいたーん


レニが旅立ってからスコーンと体調を崩して1週間ほど入院した北斗ですが、今はだいぶ元気が戻ってきました。入院した時はもうビリルビンの数値がガツンと上がっており、心臓ももう右の心房が殆んど動いておらず、収縮率も異常な数値・・・という感じで、退院の理由も「もう余命が週単位だと思うので、おうちで世話してあげた方がいいと思います」というものでしたが、なんだかんだ言ってひと月経ちました。

何やら心臓超悪いらしいですよ北斗。「フェレットさんではめったにいない」らしいですよ。
というかレニといい、そのフレーズ言われるの多いなうちのフェレ。
入院してた時は呼吸も早かったのもあって、心臓にこれ以上負担をかけないように自宅には酸素室レンタルしましたわん。
退院当初はずーっと入れてましたが、ちょっと狭くて北斗がごんごん当たるのと(ケースが透明なので行けると思うらしい)北斗が「どうしてこんなとこに入れられてるのかしら・・・」と遠い目をするので最近は外出時以外は普通に一緒に寝ています。なんかしつこく構われるのはイヤだけど、でも人がいないとさびしい・・・みたいな感じなんですよね北斗が。レニがいないってのもありますけど。
そんなこんなで酸素室いらないかも・・・と思うくらいには回復しました。

というかまあ担当してくれてた獣医さんが、大丈夫だと思ってたレニが翌日急に逝ったというのが結構キたらしく、嫌な考えがぐるぐるしちゃったんだろうなあと・・・。
あと北斗病院嫌いなので(皆さんにチヤホヤされるのに)実は入院してた方が元気ないということはよくあるんですがね・・・!

油断はできないと思いますが、このまま何事もなく暮らしていってくれるといいな。
あと、結構寄り添って寝られると暑いです。
23 : 27 : 52 | 茶色いタヌキ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。